<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

TRICK or TREAT

ハロウィンです。

ちまたにあふれるカボチャの飾り付けを見つけては「ハロウィンだ」と喜ぶ遼。
「ハロウィンっておばけのこと?かぼちゃのこと?」「とりっく おあ とりーとって何?」などなど興味深々。
週末もひと足早く、近くのコミュニティーハウスでお菓子をGETしてきました。
ずっと忙しかった事を理由に我が家ではハロウィンの飾りつけはなし。
カボチャの形のキャンドルを数個飾ってるだけ(トイレと玄関に)。
ちなみにカボチャをくりぬいてキャンドル(ジャックオーランタン)を作ったひさみちゃん。
カビが生えてとんでもなかったそう。
日本の気候にハロウィンは合わないのか?

昨晩遼と作ったカボチャのプリン。
カラメルは私が担当しますが、混ぜ物は彼の担当。
以前はお菓子作りと言うと、遼が寝静まってからでしたが、近頃はしっかり助手を務めてくれます。

遼は朝から保育園に、夫は午後から仕事へ行くので朝食時にいただきました。
a0048163_16263335.jpg

皮もカロテンが豊富なので一緒に入れてます。カボチャの苦手な遼も食べてくれました。
a0048163_1627599.jpg

このお皿、先日のドイツ旅行でデザート用に購入しました。
大好きなフッチェンロイターのもの。SALEだったので思わず飛びつきっ。
とってもとってもお気に入り。
a0048163_16275880.jpg


プリンの上のクリームもドイツにて購入。
a0048163_16273420.jpg


明日は会社でテストがあって今夜は徹夜になりそうです。
おばけが来ても、残念ながらお相手できません。
うちのいたずらおばけも今夜は早く寝てくださいね~。
[PR]

by mika_hillside | 2006-10-31 16:28 | お菓子

虫捕り

秋は私の一番好きな季節です。

家の前の駐車場をチョウチョが飛んでいます。
遼は黄色いチョウを「たくあんチョウチョ」と呼んでいます。
りくをマネして買った虫捕り網。
振り回してますが一向に捕獲できず。
a0048163_13553951.jpg

「たくあんチョウチョ、待って~」っと叫びながら追いかけてます。

自転車に乗るにもとっても気持ちがいい気候。
横浜に帰ってきてからは遼と毎日のように自転車でうろうろ。
今日も自転車に乗ってたら前からオヘソを出して犬を連れた若い女性が。
『うわっ、まずい・・・』と思ったけど遅かった。
「ママ~、お姉さんのオヘソ見ちゃった~!」とうれしそうに大きな声で叫ぶ遼。
お姉さん、まだ通りすぎてません・・・。

「す、す、すみません・・・」とつぶやきながらすれ違いました。

「遼ちゃん、おヘソさわるの、我慢したよ!」って自慢げに言う遼。
オヘソを出して歩いてる方、遼に会ったらご用心。
[PR]

by mika_hillside | 2006-10-30 13:55 | ひと

時代祭り

ブログUPに時間がかかったのはドイツから帰国後、京都へ行って仕事でオーストラリアへ行って、またまた京都へ行ってたから。
さすがにドリンク剤を飲みながら移動してました。疲れた・・・。

さてさて22日は時代祭り。時代祭りとは・・・・こちらをご覧ください。

2年前に父・兄・甥が行列に参加してから祇園祭以上に好きになったお祭り。
といっても今回も父の同級生が参加するから応援に→行進が始まる前の裏方しか見ないで終わりましたけど。
お赤飯が身内にふるまわれます。
a0048163_23421212.jpg





a0048163_23301940.jpg

こんな大仮装行列が大々的に100年以上も行われてきたんだもの。
不思議なまちです、京都は。

a0048163_23305187.jpg

牛車よ。源氏物語が目の前を通り過ぎていく感じ。
あ~、もうすっかりとりこ。
今度はゆっくり行列を見てみたいです。


遼は・・・というと出会った女の子にデレデレ。

a0048163_23492069.jpg

「あっちに怪獣がいるから遼ちゃんがやっつけてきてあげるよ。えいやえいやえいや~。ようし、もう大丈夫。」と彼なりに自分をアピールしていました。
女の子が転んで起こしてあげる時にホッペにチュ~してたのを母は見逃しませんでした。
ほんとに・・・もう・・・。

後から女の子のママと話していて納得。
女の子はフランス人とのハーフちゃんでした。
初恋のあやちゃん以来、すっかりハーフちゃん好きな遼なのです。

その日の夜「あの子、どうしてるかな~。かわいかった~」とつぶやきながら眠りについた遼でした。
翌日「ママ、ギョウザってフランス語だよね」って聞いてきた遼。
なんじゃ?
[PR]

by mika_hillside | 2006-10-24 23:32 | たび

ドイチュランド旅行 その4

ドイツ旅行は途中でデジカメの電池切れでこの後の写真はなし(とほほ)。

ジルケの家ではお茶の時間を大切にしていて、アップルケーキのほか、レーズンとナッツのケーキ、ローテ・グリュッツェというイチゴやラズベリーを甘く煮込んだ北ドイツのデザート(バニラアイスや生クリームといただきました)やらジルケ手作りのデザートも堪能。
コーヒーと紅茶でカップを使い分けているのも素敵でした。

ゆっくり過ごさせていただき、その後ハンブルグへ。
4年前のハンブルグでは、飲みすぎてホテルの廊下で寝そべった思い出がありますが今回はそのような失態もなく無事にすごせました。

訳あって少し帰国をはやめたのですが、とてもとても楽しい旅行でした。

パリがあまり好きではない夫と結婚してからはヨーロッパ旅行の時もパリをはずしてます(南仏は行きましたけど)。
行きたいな~とは思いますが、今はユーロ高だから食事も買い物もビクビクだから、ま、いいかな。
ドイツは子連れに優しかったです。
お店に入るたびにお菓子をもらったり(ハリボーとかアメとか)、絵をかいてもらったりしていた遼。

船の中ではおじさんと仲良くなってこんなアイスをサービスしてもらってました。

a0048163_23191982.jpg


a0048163_2319554.jpg


また行きたいな。
遼も帰国した日に「来週行こうよ~」って言ってました。


帰国した翌日はきこさん・いろはちゃんを含め美女達と公園で遊んで時差解消。
寝ていた夫が一番戻るのに時間がかかりました~。
時差解消には午前中に日に当たるのが一番です。

a0048163_23263367.jpg

a0048163_23272720.jpg


帰るとき、しっかりとハーフの女の子をつかまえて「手をつなご!」って近寄ってった遼。
決める時は決める男です。
[PR]

by mika_hillside | 2006-10-24 20:53 | たび

ドイチュランド旅行 その3

実家の京都に帰ってたので更新が止まってました。
さて、旅行後半~。

〈6・7・8日目〉

ベルリンから列車でハンブルグで乗り継ぎフレンスブルグへ。
ここには夫が「血のつながらない親戚」と呼ぶ知り合いが住んでいます。

ディータが年末に亡くなり、今はジルケが1人で住んでいます。

古いものを大切に使っていてとっても落ち着く住まい。
大好きな大好きな家。
古い家具や古い時計がいろんな人や出来事を見守ってきたのです。

a0048163_2264749.jpg


お庭には林檎の木が3本。

a0048163_2271948.jpg

その林檎で作ったApfel Kuchen。
4年前と同じ味。
夫が「これは世界中、どこを探してもたべられないんだ」と言ってました。
ジルケのお庭の林檎で作るジルケのケーキ。
ディータがいない事以外は何も変わってません。

a0048163_2274660.jpg

水色と白が基調のキッチン。
ドイツのお菓子が載ってる古い本、お菓子に使ういろいろなスパイスをたくさん見せてもらいました。

a0048163_230185.jpg


ジルケの普段使いの食器はローゼンタールのホワイトで、お祖母さんから譲り受けたものと自分で買い足したものを使ってます。
ロイヤルコペンハーゲンも。
ちなみに我が家に飾ってあるロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートのうちの2枚はジルケから戴いたものです。
朝食やお茶の時間にコーヒーの人にはコーヒーカップ、紅茶の人にはティーカップをきちんと使い分けてるところも「ほ~」って感心してしまう。
マイセンのアンティークを飾るだけではなく実際に使ってたり、お茶の習慣をとっても大切にしています。

遼が「ママ、お水が欲しいの」って言うから「じゃあジルケにもらってきたら」って言うと
いそいそとキッチンへ入っていきました。
後からジルケに聞くと遼は「バッサー、ビッテ(Water, please)!」とジルケに言い、お水を渡すと「ダンケ シェーン(Thank you)!」と言ったらしい♪
うはっ、遼、ドイツ語習得か???って思ってたけど、帰国後「ありがとうってドイツ語で何ていうんだっけ?」って聞いても「何だっけ~???ビーダーゼーン???」ってすっかり忘れてる。ち~っ。

フレンスブルグでは近くのウィークエンドマーケットへ行きました。

パン屋さん。
a0048163_146166.jpg


ソーセージとハム屋さん。
a0048163_1464838.jpg

[PR]

by mika_hillside | 2006-10-14 02:30 | たび

ドイチュランド旅行 その2

〈3日目〉
あいにくの雨。
屋内だから雨でも楽しいライン川クルーズに行くことにしました。
夫は3回目、私は2回目、遼はお初。
4年前はコブレンツからリューデスハイムまで6時間位乗って飲んだり食べたりしてた気がしますが、今回はリューデスハイムからザンクトゴアールSt.Goar間の往復にしました。片道1時間40分ほど。
一面のブドウ畑が広がっています。
a0048163_111049.jpg

こういう美味しいワインになるんです~。(今回はワインを3本購入)
a0048163_2233890.jpg

生真面目なドイツ人はグラスやらカラフェやらに量の印をつけるのです。

More
[PR]

by mika_hillside | 2006-10-13 01:53 | たび

ドイチュランド旅行 その1

11日間のドイツ旅行から帰ってきました~。

以前はヨーロッパに行くとあれやこれやとお買い物に走っていましたが、今回はユーロ高の為にお買い物に熱が入らず、のんびりと景色や空気を楽しめた旅行でした。

ゆっくりと旅行記UPしていきます。

〈1日目〉
   事情があって成田からロンドン経由でフランクフルトへ。
海外は何度か行ってる遼ですが、ヨーロッパは初めて。長いフライトタイムに耐えられるか心配してましたが、今までで一番楽だったかも。
私と夫の間の席に座り(国際線は2歳から、国内線は3歳から席が必要です)、映画を見たり(個人用画面がついてたので)ゲームをやったりジュースを飲んだりお菓子を食べたり絵本を読んだり絵を描いたり。
寝るときは肘掛を上げて私と夫の間に真横になって寝ていました(シートベルトはしたままね)。
食事は子供用を特にはリクエストしてなかったので、大人と一緒。子供用って大抵ハンバーガーやらパスタでおまけにチョコとか付いてるから、和食党の遼には大人用がいいのです。

  我が家の子連れの場合の機内用の荷物・・・子供用の着替え(荷物が万が一届かなかった時の為と、機内で飲み物をこぼしたりした時の為に一式。パンツも。ちなみに国内会社の機内では紙おむつはリクエストするともらえます)。タオル。子供用風邪薬・腹痛薬(機内にはたいてい乗り物酔い止め以外、大人用しかありません。)。お絵かきセット。絵本。お菓子。食事用エプロン。いつも使ってる子供用お箸。ウェットティッシュ。紙パックの麦茶(ついついジュースばかり飲んでしまうので)。こういうのをわかりやすく、ジップロックの大きい透明の袋に入れてバッグに入れてます。

ちなみにこの紙パック麦茶。手荷物のセキュリティーチェックが厳しくペットボトルもXレイで引っかかってしまって廃棄しなくてはいけないロンドンヒースロー空港でも通りました。子供はすぐに「ノドがかわいた」っていうからかなり重宝しました。私は12パック持参。

機内では子供に飲み物をこぼされないように、大人も毛布をかけておきます。子供は突然吐いたりすることもあるので。機内は食事もする場所なので、面倒でもオムツ・パンツ替えはトイレで。私は飛行機に乗ったらすぐにトイレへ連れて行きます。近くの乗務員の方に子供から挨拶をさせて、気持ち、印象をよくすることも忘れずに♪

More
[PR]

by mika_hillside | 2006-10-13 00:34 | たび

運動会

遼、初めての運動会がありました。
前夜からお弁当の仕込をしてビデオの準備をして親は大張り切り。
ご近所のおばさん達も誘って行ってきました。

入場行進から、私はすでに感動。うるうる・・・。
順番に並んで行進してる姿。大きくなったな~。。。。

かけっこが終わってお遊戯になった時、「出たくない」と駄々をこね始めた遼。
なだめてもすかしてもダメで結局遼が出場したのはかけっこのみでした。
夜になって「どうしてダンスしなかったの?」って聞くと「かっちょ悪いから」と生意気な事を言ってました。

a0048163_5305998.jpg


なんだかメインはお昼のお弁当って感じでした。ま、いいです。

日ごろの不摂生がたたったのか、ここんとこ忙しかったからか、夕方から熱がでて寝込んでしまいました(私)。
今も39度近くあるはず。出るときはがが~っとでて、すっと引っ込む私の熱。
心配はいりません。あと数時間で平熱に戻るでしょう。

で、今日からドイツ旅行へ行ってきます。
パソコンは持参しませんので中ごろに帰国したらUPしま~す。
[PR]

by mika_hillside | 2006-10-01 05:26 | ひと