<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おしらせ

まもなく、仕事を始めることになりました。

子供を授かる前に仕事を辞めたのですが、
妊娠中も出産後も「仕事をしたい」っていう気持ちはずっとあって。
でもいざ、仕事を始めることになると子供の事、家事との両立などなど不安はいっぱい。
当たり前のように仕事をしている子供がいる人達って、見えないところで悩んだり頑張ったりしていたんだろうなって、ようやく気付きました。
おかしなことに、仕事を始める前に、ずっと持ち続けていて苦しめられていた仕事への未練というものがようやくなりました。

悶々として、でも一歩前へ踏み出せない私の背中を押してくれた夫。
周りに「まだ早いのでは」ってアドバイスしてくれる人はちらほらいて(遼の事を考えてくれてるから)、そう言われると私以上に立場のない思いをするはずの夫なのに「やりたいならさせてあげたい」って返してくれてます。
新卒である会社に入った後、どうしてもやりたい仕事があって「会社を辞めたい」と真夜中に相談した時に「親のスネがある内はかじりなさい。やりたいことをやりなさい」って言ってくれた両親となんだか重なりました。
相談したら「転んだとしても、前に転べば進んだことになる」って言ってくれた友人。
不安そうな私に「子育て協力する」って言ってくれた友人達(2人の子供がいるのに)。
自分でもやりたい事がたくさんあって忙しいはずなのに、子育ての協力をお願いしたら快く引き受けて必要な時に京都から来てくれることになった母。
1人で買い物にも行けないのに、その分迷惑をかけるのに、やっぱり影で協力してくれてる父。
そして何よりも「まま、いいよ。おしごとしても。りょうちゃん、ちょっとなくけど」って言ってくれた遼。

「子供へ働いてる母の姿をみせる」「母がやりたいことをしてる方が子供にもいい」などなど自分への言い訳はいろいろ考えたけれど、どれもしっくりいかなくて、私の場合はやっぱり自分の欲望の為だということになりました。
子供が可愛くてたまらないし、家庭も大切なのだけど、これとそれは別なのです。
なので家族や周りへは迷惑をかけるのを承知の上で、頑張りたいと思ってます。
今はまだ、考えると胸が痛むことだらけですが。

ということで、研修の終わる6月中旬までブログはお休みいたします。
必ず再開するので、是非また遊びに来てくださいね。


a0048163_10472076.jpg


遼の初恋の人あやちゃんと、私の尊敬する友人なおこさんがアメリカへお引越しです。
いってらっしゃいパーテイーで、「心地いい場所を抜け出す実感がまだない」って言ってたなおこさん。
不安もいっぱいあると思うけど、この歳になったら心のつながりの深さは会う回数でも距離でもないからね。
皆で待ってるから、帰ってきたら会いましょう。
[PR]

by mika_hillside | 2006-05-17 23:58

お家のちかく

お天気のいい日に「公園行こっか~」と張り切って遼に言っても「おうちのちかくでいいよ」と返されることもしばしば。
ご近所の小学生、ろんろんからいただいたお古のグローブでキャッチボールをしたり。
a0048163_2552865.jpg


三輪車に乗ったり。
シャボン玉をしたり。
チョークで壁や地面に絵を描いたり。
ただただ走ったり。



私達が騒がしく遊んでいるとお隣のジョンばぁばやお向かいのゆうりちゃんやろんろん達が出て来て町内会?子ども会?みたいな感じになります。
大好きな今川じぃじやばぁばが通ると「まま、あとでむかえにきてね」って、ついてってしまいます。
(ちなみに今川さんちは「遼の別宅」と呼ばれています。)

ジョンばぁばが「りょうちゃんがどんどん大きくなってちょっと寂しいわ。あんまり急いで大きくならないで」と言うと「もう小さくなれないんだよ~」と困った顔をして答える遼。
近頃、誰かが抱っこしようとすると「りょうちゃん、おもいよ」と先に宣告しています。
(体重計に乗って、数字を見るマネをしながら「う~ん、でぶっちょだな」とつぶやいてた時には笑いました。)
2歳半で14.5㎏は確かに重いものね。
力持ちなママでよかったわね。

a0048163_3115985.jpg


これはジョンばぁばが電車を描こうとしてくれてた時に「ろぼっと?」って遼が聞いたものだから急きょロボットに変身した絵。
そして何故か顔のある絵には「え~んえ~ん」と涙を描き足す遼なのです。
[PR]

by mika_hillside | 2006-05-12 23:03 | ひと

玩具博物館

京都滞在中、父母遼の4人で有馬温泉に行ってきました。

炭酸せんべいを食べながら歩いていると、玩具博物館なるものを発見。


ちょっと暇つぶしのつもりが・・・
a0048163_1223916.jpg
a0048163_123865.jpg
a0048163_1234133.jpg

a0048163_1243159.jpg

a0048163_1251598.jpg

a0048163_1255518.jpg



それはそれは素敵な博物館でした。
ドイツのおもちゃやお人形が多くって私が大興奮。
実際に遊べる木のおもちゃコーナーやからくり人形に遼も大喜び。
お宿に戻ってからも「あしたもいこうね」としつこく要求してました。
こちら方面にいらした子連れの方々へはお薦めです。
子連れじゃなくても楽しめますけど。

ちなみにお隣は玩具屋さんで、こちらにも素敵なおもちゃがたくさん販売されてます。
[PR]

by mika_hillside | 2006-05-09 01:34 | たび

小学校

京都にて。
私の通っていた小学校は統合されて閉校になりました。
その学校の校庭で毎週テニスをしている父母。
ボールを打つよりもおしゃべりがメインのようで、『くちテニス』と言ってます。
GW中も練習があり、娘と孫が来てようともせっせと通ってました。いい事です。
テニス仲間とのPLAY後のBBQもこれまた恒例。
も~ね、めちゃくちゃ段取りがよいのです。
私と遼も仲間に入れていただきました。

a0048163_165322.jpg

しゃべり続ける皆様。
あちこちでボケとつっこみが繰り広げられ、かなりおかしい。
関西のおっちゃんおばちゃんの笑いのレベルはかなり高いのです。

広い校庭を走り回る遼。

a0048163_1145053.jpg


a0048163_1151049.jpg


a0048163_1152821.jpg


びっしょびしょ・・・。

自分の通っていた小学校の校庭で自分の子供が遊んでいるのってなんだか不思議な気分でした。
小学生だった頃の私と対面させたいな~なんて思ったりして。
[PR]

by mika_hillside | 2006-05-09 00:57 | ひと

焼き菓子

本日のお菓子教室、テーマは焼き菓子。

a0048163_01833.jpg


マドレーヌ、チュイル、サブレ、ガレットの4種類を作りました。
作り方もシンプルだし、自分でも作るし、カンチコ~だなんて、一瞬でも思った私が間違い。
同じ材料で同じ手順でつくったはずなのに、先生のものとは味が違うのでありました。
見た目はもちろんですがね。


こちらの先生(シェフ)は、出来るだけ身体にいい材料を使ってお菓子やパンを作ってらっしゃる方なのですが、今回のマドレーヌもBPなしで、天然の重曹をほんの少し使用。
お砂糖もきび砂糖など精製されてないものを使うようになさってて、それでも美味しいお菓子を作られている姿に共感して、通ってます。
あまりにもストイックなのは性格上むいてないけれども、ちょっと身体にいいものを意識して取り入れて、美味しくいただけるのは好きだな。

明日から京都へ里帰り。
焼き菓子持って行きま~す。
[PR]

by mika_hillside | 2006-05-03 23:30 | お菓子

バナナケーキとつりきち

いつもはだーっと混ぜて焼くだけのバナナケーキ。
配合も結構適当に。

けれども、今日は藤野真紀子さんのレシピで焼いてみました。
生クリーム大さじ2とかって普段なら「ま~ミルクでもいいっか」とかやってしまうところ。
今日は使い残しの生クリームがあるのよね。もうきっちりしっかりレシピどおり。
メレンゲを作って混ぜるバナナケーキは初めて作ります。

出来上がったケーキ。
お、お、美味しい。

a0048163_2244026.jpg


ちょっと焼きたての端っこを食べさせたら、ほら、この通り。
写真を撮り終わるのが待ちきれません。


近頃、遼のお気に入りのおやつにこんなものがあります。

a0048163_22454752.jpg


毎回ナチュラルハウスで買いだめしてくる魚の形のおせんべい。
原料は、国産小麦、小魚粉末、本醸造生醤油、昆布、椎茸、黄ざら、みりん、くず粉といたってナチュラル。
名前は『つりきち』。
しぶいでしょ。

出産後、初めて会うのぞみちゃんにもおすそ分け。
ゆいちんと一緒に食べてね。
[PR]

by mika_hillside | 2006-05-02 22:50 | お菓子

フードフェア 2連チャン

土曜日、近所のインターナショナルスクールでフードフェアがありました。
親子3人で(前日仕事で遅かった夫は無理やり起こされて)いざ、出陣。

a0048163_239229.jpg


a0048163_23101751.jpg


a0048163_23144154.jpg


世界各国の食べ物が楽しめます。
子供のゲームコーナーもあって遼もチャレンジ。
a0048163_2325050.jpg

アヒルの輪投げです。

その翌日の日曜日、みなとみらいでスローフードフェアがありました。
当初の目的はこちら。
a0048163_23292582.jpg

a0048163_23295159.jpg


食育の勉強だったはずなのに。

a0048163_23311387.jpg

a0048163_23314471.jpg

試食コーナーがいっぱい。
ちなみに入り口で、お皿とお箸を渡されます。
遠慮なくどうぞ、ってことですね。
寝てしまった遼のベビーカーを押しながら堪能しました。
おまけに苺のフローズンカクテルまで。こちらはさすがに300円。
a0048163_23345879.jpg



1986年にイタリアのBraという小さい町から始まったスローフード運動。
今では世界的な広がりをみせてます。
日本でも郷土食や地方の特色ある野菜などの食材や日本酒を 改めて見直そうという動きが起きています。
食の大切さや楽しさを子供達に伝えることは、食文化を守ることにもつながるはず。
世界各国の人が同じものを食べるような、つまらない時代が来ませんように。

ちなみにスローフードのシンボルマークはカタツムリだそう。
ゆっくり、のんびりと。

a0048163_23362464.jpg


a0048163_23365013.jpg

[PR]

by mika_hillside | 2006-05-01 23:10 | 横浜