いもくりなんきんひかりもの

「女の人って、芋・栗・なんきん・ひかりものが好きなんだよね」って甥っこが言ってました。
ええ、好きですとも。
ちなみにここでのひかりものは、アジやコハダなどではなく金銀パールです。
でも、女の人は好き=男の人はそれ程好きではないって事なんですね。
うちの息子も光ものはともかく、芋・栗・なんきん、苦手です。
でも、男爵は食べなくてもメークインは食べたり、モンブランのマロンクリームなんかは好きだったり、南瓜も東洋種(黒皮とか)のねっとりしたものは大丈夫だったり。
味というより、スコーンとかに似た「もそもそした食感」がどうも苦手らしい。

苦手なものは無理にたべさせないのが我が家の方針ですが、食べようが食べまいが食卓にはしつこく並べます。
遼の目を意識しながら「ああ、美味しい」ってつぶやきながら食べます。
「りょうちゃんもたべるっ」って言って口にして、ペッて吐き出す。
でも、こういうのが繰り返された後に、突然食べるようになったりするのです。
ごぼうのきんぴらがそう。
いつの間にか、食べるようになってました。

食べ物の好き嫌いが多い男はかっこ悪い。
一緒に食事に行って人参とかグリーンピースとか丁寧により分けてお皿に残されてたりしたらどんなに見た目がかっこよくても、げんなりする。
いも・くり・なんきんあたりなら「ま、男の子ね」で済みそうだけど、やっぱり苦手な食材は少ない方がいい。

南瓜はペーストにして、パン生地に混ぜ込んだりホットケーキに混ぜ込んだりさりげな~く食体験させるようにしています。
今回はマフィンに入れてみました。
先入観をもたれないように、かぼちゃのマフィンではなく黄色のマフィンと呼んでます。

a0048163_2491513.jpg


お砂糖はきび砂糖と黒砂糖を使用。
シナモンとナツメグの風味がほんわかとしています。

a0048163_251285.jpg


メイプルシロップをかけてどうぞ。
[PR]

by mika_hillside | 2006-03-24 02:25 | お菓子