魔の2歳児?

魔の2歳児という言葉があります。
先輩ママ達からも「2歳は大変よ~」と聞かされていました。
確かに、我が強くて言葉が出てきて「いやだもん!」をよく言うようになりました。
でもね、困らせながらも、きちんと笑わせてくれてます。

私「お風呂はいろ」 
遼「いやだもん」
私「どうして?」
遼「きのう、はいったから」

私「寝ましょ」
遼「いやだもん」
私「どうして?」
遼「きのう、ねたから」

遼「抱っこして」
私「どうして?」
遼「した(地面)がかたいんだもん」

遼「きがえるの、いやだ」
私「どうして?」
遼「ふく、おもいんだもん」

こんな感じ。
そっか、じゃ~仕方ないな・・・っていう訳にはいかない理由だらけですが、おこる気は失せてしまう。
「それなら後10分したら寝るマネしよう」とか「お風呂に水筒持ってって飲もう」とか「重くない服を選んで」とか提案してみる。
もしくは「困ったな~」って聞こえるように独り言をつぶやく。
遼も駄々をこねた後は、反省するのか、しばらくすると
「まま~、さっきは、ないて、ごめんね」「いやいやいって、ごめんね」って言ってくる。
お互い、歩み寄り。平和的解決。めでたし・・・ばかりじゃないけどね。

遼は起きてる間だけじゃ話し足りないのか、寝言も多い。
で、夜中に目を覚まして「いまね、おおきいねずみのおなかをポンポコたたいてたの。ちょっとこわかった」とか「ばんこくで、すいすいおよいでたの」とか夢の途中経過を話してくれます。
でまたすぐに寝る。これも楽しい。

それから、それから。
ひなちゃんのお弁当箱についてたマドレーヌちゃんを見て「かんたろう!(北風小僧です)」だと。
フランスうまれのマドレーヌちゃんのプライドをズタズタにしています。
ま、ね、寒太郎とマドレーヌちゃん、よく見るとなんとなく似てるんだけどね。
でTVの子供歌番組で寒太郎がでてくると「ひなちゃん、もってたね」。
「ひなちゃんは寒太郎が好き」だとインプットされてしまった様子。

そして、今晩。
ベッドに入ってこう言ってくれました。
「りょうちゃん、ここがいえで、よかった~」。
こちらこそ、来てくれてありがとう。

この先、魔の2歳児を迎える子供を持つママ達へ。
恐れる事は何もありません。
ちょっと冷静になってみると、おかしなことがたくさんです。
子供に教えてもらえることもたくさん。
力をもらえることもたくさん。

私はけっこう満喫してます。
[PR]

by mika_hillside | 2006-02-09 23:53 | ひと